システム導入で悟る社内管理と業務レベルの向上

信用取引の流れ

信用取引とはどのようなものか

株の信用取引というものがあります。信用取引は現物取引とは異なるいくつかの特長があります。まず空売りができるということです。これが一番おおきな特長といえます。つぎにリバレッジ取引ができるということです。例えば現金などの3倍程度の取引が可能となります。空売りの場合にはもちろん配当はもらえません。信用買いの場合は指定口座に配当金がふりこまれます。信用取引は買いからも売りからも取引できるのです。株価動向をしっかりとウオッチすれば取引のチャンスは増えるということになるのです。東証の取引の半分以上は信用取引といわれています。個人で信用取引口座を開設するのは比較的簡単といえます。インターネット上で簡単に取引もできるのです。口座開設には1カ月程度みておくばよいといえます。

取引を理解して取引の幅を広げよう

信用取引は買いからも売りからも始められるのです。これら取引はインターネットで簡単にできるのです。インターネットでの株の取引ツールを利用すればよいのです。家の中のパソコンからでもスマホやガラケーからでも取引可能です。また取引ツールにはさまざまな便利ツールがあります。信用取引の逆指値注文などもできるのです。取引にはシカゴ先物やNY、香港などなどの多くの情報を駆使することでリスク回避ができるといえます。そして売りからの取引ができる信用取引方法を手に入れることでさらにリスク回避ができるということにもなります。取引ツールには現物取引、信用取引にも対応しています。取引ツールを正しく理解し使いこなすことができればそれは現物取引や信用取引のリスク回避の一助ともなっているのです。