システム導入で悟る社内管理と業務レベルの向上

特許申請の手順と方法

特許申請をするときにかかってくる価格

発明を保護する法律が知的財産権法ですが、その法律で保護してもらうためには特許申請をして特許を取得する必要があります。そして、その特許申請は一体いくらくらいかかるかというと、発明者本人が自ら特許申請をするための書類を揃えて、特許庁に出願する場合は、出願料金として現在では1万5千円の料金がかかってきます。また、書面にて出願する場合はそこに書面の枚数分だけ手数料が必要になり、合計でおおよそ2万円前後のかかるケースがあります。特許申請については、その他にも審査請求やその特許申請した特許が登録査定された時に登録するための登録料金などもあり、全部含めると二十万円程度の料金がかかるのが相場です。また、弁理士や弁護士にその特許申請を申し込む場合は、この他に別料金がかかります。

これまでの特許の歴史などについて

発明が特許として守られるようになり、その特許申請をされる方も増えましたが、歴史的にはその特許申請は弁護士や弁理士といった専門家に依頼をして申請をされるも非常に多くなっています。発明家自身がその発明を特許にするために特許申請をするのが一番安上がりになる方法ですが、特許などの革新的な発明は企業などで働いている研究者の方が多く、時間的な問題で出来ないケースがあります。また、特許は申請すればその全てが登録に結びつくのではなく、新規性や進歩性などの問題で特許庁とのやりとりや手続きが必要になる場合もあり、その度の時間を割けない方も多いです。ですので、特許申請については昔も現在も、弁護士や弁理士などの専門家を利用するのが一般的となっています。