システム導入で悟る社内管理と業務レベルの向上

複雑を単純化

システム化にはワークフローが重要です

業務のシステム化においては、その業務の内容や手順などをまとめたワークフローが非常に重要になります。システム化する前は、ワークフローをマニュアルに手直しをして使用している企業も多く、ワークフロー自体が標準化、合理化、効率化を盛り込んだものになっています。IT企業にシステム化の依頼をした場合、このワークフローが存在するか否かで、開発費用が大きく変わってきます。IT企業が業務の内容を理解したり、効率化に向けた調査や分析をするのには時間がかかるため、負担が大きくなるからです。既にワークフローが存在する企業では、それをもとに話を進められるので、最小限の開発費用で対応してもらうことが可能になります。

企業の成長には欠かせないものになりました

ワークフローという言葉は昔からあったわけではありません。企業は成長するために、日々様々な努力をしています。業務の合理化や効率化というものは常に求められるものになっています。昔はワークフローという定義ではなく、ベテラン社員の頭の中にそのノウハウが入っていました。徐々に、ベテラン社員に万が一のことがあった場合でも対応できるよう、書き留めておくようになりました。これがワークフローの原型です。コンピュータが普及し業務のシステム化が一般的になってくると、業務の手順や効率化を図ったものをワークフローと呼ぶようになりました。現在は、業務を行う時はもちろん、業務に何らかの問題が生じた場合は、まっさきにワークフローを見直して原因追及をするほど重要な役割を担っています。